事業承継1

事業承継とは、会社の経営をご子息やその他の後継者に引き継ぐことをいいます。誰に事業承継するかということを決める際には、会社の経営や、ひいては従業員の生活などもかかわるため、慎重な判断が必要です。そんな事業承継のパターンとしては大きく分けて3通りの方法が考えられます。

まず、親族に承継する場合です。中小企業など、オーナー社長の場合はこうした方法をとるケースが多いかもしれません。次に、従業員等に承継する場合です。最後に、M&Aで承継する場合があります。以前は、親族に承継する場合が多かったといいますが、現在は親族へ承継する方法は年々減っている傾向にあるようです。現在は親族への憧憬は6割ほどとなっているようです。実際に経営を任せるとなるとご子息など承継者への教育も必要となりますし、厳しい経済環境のなか、十分な力量を持った方へ承継しようとした結果、親族以外の従業員などへ承継するケースも増えているようです。

これらのいずれの方法をとる場合でも、事業承継には十分な時間と計画が必要です。親族や従業員等に承継する場合でも、経営者としての教育や顔つなぎが必要となりますし、M&Aを決断したとしてもその相手がすぐに見つかるわけではありません。事業承継を考え始めたなら、「誰に」「いつごろまでに」「どのような方法で」事業承継を行うのかをしっかりとスケジューリングしたうえで、必要な手続きなどを確実に実行していく必要があるでしょう。






自分自身の入る保険の評判はどうでしょうか。保険を気にするにあたってどんな知り合いに相談しますか。生命保険で納得するにはどのような目的とした生命保険かを検討することです。かんぽ保険の評判を考えますか。とても難しい問題です。-